フィラリアの薬をあげる日にシャンプーをしても大丈夫?

インターセプターsチュアブル安全ラボでは、皆様が知っておきたいインターセプターsチュアブルの一番新しいデータをバッチリとご紹介しているページです。皆様に是が非でも耳にしてほしいインターセプターsチュアブルの基礎的なデータだって説明しているのでチェックして見てね! - フィラリアの薬をあげる日にシャンプーをしても大丈夫?

インターセプターsチュアブル安全ラボ

フィラリアの薬をあげる日にシャンプーをしても大丈夫?

混合ワクチンや狂犬病予防接種であれば、「しばらくの間シャンプーは控えてくださいね」と言われますが、
フィラリアの薬については、獣医師から特に言われることがありませんが、
フィラリアの薬によっては、パンフレットに「シャンプーの影響は受けません」と明記されています。
さて、フィラリアの薬をあげる日のシャンプーは大丈夫か紹介していきます。

基本的には投薬日にシャンプーをしても大丈夫です

フィラリアの薬は、予防接種とは違いあくまでも「予防薬」という薬としての立場ですので、
基本的には投薬日にシャンプーをしてもかまいません。シャンプーする前に投薬するか後で投薬するかは、
愛犬の当時の健康状態と飼い主さんの判断次第です。
何らかの疾患を持っていると、シャンプー自体が体に負担をかけてしまうこともありますので、
その場合は、フィラリアの薬は決めた日に飲ませて、シャンプーは数日後という段取りにしてあげて下さい。
ちなみに、今一般的に動物病院で処方されるお薬は、1か月に一回定期的に薬を
あげなさいとされていますが、一部の病院では、年に1回の予防注射でフィラリアを
予防する病院もあるようです。この場合は、接種した日のシャンプーはダメです。

フィラリアの薬とワクチン接種日はもちろんシャンプーはダメです

そもそも、フィラリアの薬投薬日にワクチンを接種すること自体が間違いです。
ワクチンの副作用の方が特に心配しなければならないことで、ワクチンによっては、
副作用で下痢を起こしたり、顔がむくんだりして、急いで連れていかなければならない
からです。獣医師の診察と処方が必要になる上に、フィラリアの薬を投薬してしまっては、
対応ができなくなってしまいます。
それ以前に、ワクチン接種後にシャンプーすることは禁止です。
ですから、シャンプーをどうしてもしたいのであれば、スケジュールを組んで、ワクチン接種日前にシャンプーし、
決められた日にフィラリアの薬の投薬で、ワクチン接種とした方が安全です。

最近のお薬はかなり研究されていますからすぐにシャンプーOKのものもあります

何らかの病気を持つ犬でも、フィラリアの予防はしないといけませんし、体を清潔にするということで、シ
ャンプーは必要になってきますので、最近は、いろんな薬と重複作用をして
体に負担をあまりかけないフィラリアのお薬が登場しています。
しかし、万全ではないということは忘れず、心配な点は、関らず獣医師に相談してください。